転職ESの書き方

キャリアアドバイザーの言いなりでES作っていませんか?作ったES直されることありました?

ぴっちゃんパパは、3回の転職活動でESを、100社以上作ってきました。また、入社してからも、企業の書類選考担当をしてきました。私の経験から大きなポイントが3つありました。今回は、そのポイントを紹介します。

※採用ポジションや採用要件によって見るポイントの角度の違いはありますが、ES書類通過率の悪い方に限って、ニッチな方法を紹介します。

1.「この人は、募集要件に当てはまっている

まず1つは「この人は、募集要件に当てはまっている」という点。ESを書く側と書類選考する側の認識でズレていることが多いのがこの点です。

例えば、

【いずれか3年以上のご経験】

◆事業会社における人事の実務経験
◆HR領域におけるコンサルティング会社

上のような募集案件で、人事を2年してきました。公務員で給与計算をしてきました。」というESを書く方!

「そもそも、募集要件を満たしていない」ので受かりません

2.「職務経歴」を応募先でも実現できる人なのか?

2つ目のポイントは「再現性」を考えられるか、という点です。

「募集要件を満たしている」ことがわかってくると「この人がうちに入社して、同じように活躍できるか?」という点を見ます。

商品や組織の形、価格もステークホルダーも違う環境の中で「前の会社と同じように活躍できる力があるのか?」という「再現力」はとても重視します。

「職務経歴書」は「職務経歴」でしてきたことでなく「応募先企業で、どのように活躍できるか」なので、できるだけ応募先企業の業務に近しい内容に変えていきましょう。

目的は、書類選考を通ること!相手に好まれる「職務経歴書」を作りましょう。

3.一流大企業にいきたい場合には「学歴・業界親和性」でないと厳しい

最後のポイントは「エントリー先と募集役職」です。

まず、エントリー先。

一流大企業に応募したいとき、上の1・2のポイントを満たしていても難しいです。

一流大企業は、同業界・同職種での「スライド転職」が多いからです。もし、「スライド転職」でない場合には、二・三流企業へ応募しましょう。

そこで、2つ目。二・三流企業への応募する際に、募集役職に注目しましょう。

例えば、「人事担当(労務・給与計算)日本のスタートアップ市場に・・・」これは、担当クラスの募集。年収の幅も、想定年収の下限から中間に近い数値でオファーされる確率が高い。

では、「労務責任者候補(労務・給与計算)日本のスタートアップ市場に・・・これは、マネージャークラス採用も可能。年収の幅も、想定年収の上限に近い数値でオファーされることもある。

二・三流企業への応募する際は、年収アップを考えよう。私は、実際に、一流大企業「主任」から三流企業「課長採用」で内定を貰って、年収「500万」から「700万」にアップしましたよ。

最後に、ご希望の方は、直接アドバイスしますので、お問い合わせからどうぞ。

PAGE TOP