幼児の歯ブラシ・歯磨き事情・・・・。

幼児の歯ブラシ・歯磨き事情・・・・。

こんにちは、ぴっちゃとんママです。ぴっちゃんの夏休みが近づき、午前保育が増えてきてしまいブログを書く時間が・・・・上手く時間配分が出来ないです。ぴっちゃんを寝かしつけてからと思いながら一緒に寝てしまう(*^-^*)

そう・・・・・子育てあるあるです♪笑 

次は保育園・幼稚園あるあるから!!                                     

幼稚園や保育園の保護者会よくある質問・悩みランキング (自分の経験をもとになので、偏りあり。笑)                             ①布パンツへ移行のタイミング/トイレトレーニングについて                          ②お箸の持ち方の知らせ方について                                               ③歯磨きの仕方について                                                              毎年前期・後期どちらかの保護者会で質問を受けていた気がします。親からすると、月齢で取り入れたくなり、また周りと比較しやすいため、どうしても気になってしまいます。まさに私もそうでした。

今回は上にもあった、歯磨きについて書いていこうと思います。今はコロナ禍という事もあり歯磨きを衛生面からブクブクうがいに切り替えている所も多いとは思いますが、なかなか周りに様子を見てもらったり相談するタイミングもすくなってしまい、抱え込んでしまう保護者もいるのでは?夏休みなので生活リズムが崩れやすくなるこの時期だからこそ、クラス便りやお便りなどで、こういう内容に触れていくのはどうでしょう

うちの子は歯磨きが嫌い!?もしかしたら、他に原因が?

歯磨きを嫌がるこの中には、敏感な子・環境で磨き事が苦手な子など様々な原因は一つでは括る事は出来ないと思いますが、以外にも外的な要因が原因な時も多かったりします。

①大人の磨き方・仕上げ磨き、固定してる!?

◎大人が普段自分が磨いている様な感覚で仕上げ磨きをすると、子どもからすると「強すぎ」「痛い」と不快に感じる事も・・・・。あまりお子さんが歯磨きを嫌がる様であれば、大人同士で磨き合をしてみて実際に体験してみるのがオススメです(*^-^*) 大人になってから仕上げ磨きをしてもらう経験はほとんどなくなってしまうので、ご夫婦でやると意外に盛り上がったりします♪♪

◎ブラシの毛先を1センチ以上動かすと痛いと感じます。仕上げ磨きの時は手を浮かせず固定した状態ゴシゴシと動かさず固定した状態で強くし過ぎず磨く事が大切です。

②歯ブラシ、本当にお子さんに合っていますか?

2歳ぐらいになると、歯ブラシをついついキャラクターなどで選びがちじゃありませんか?我が家ではアンパンマン・しまじろう・プリンセスなどサイズをあまり意識せず買ってしまっていました。歯ブラシをすごく嫌がるのであれば、一度確認してみて下さい。

痛がる歯ブラシの特徴 

 

DSC_0045

                                            

◎毛が固くバリバリしている。                                               ◎ブラシ部分が長く、毛先が長い。                                                                        ◎毛足の長い背高のっぽの歯ブラシ                                                   ◎大きすぎる◎毛の量がまばら                                                          ◎山切りカットのも                                                                  ◎毛先が丸いものはプラークが落としにくい

毛先が滑らかに処理されているものを選ぶのが。○です

痛がらない歯ブラシの特徴

DSC_0046

◎毛が密着しているもの                                                        ◎毛の固さは「やや」柔らかめのもの◎毛足が短く安定しているもの                                               ◎裏からみて毛先が見えていたら、交換のタイミング。

よい歯ブラシを使っていても、歯ブラシの状態が悪くなってしまっては意味がありません。目安をきめてこまめに交換しましょう。

倉治ななえ氏の著書を参照さしていただいています。

歯磨きが苦手の子への誘い方は??

娘も歯磨きが苦手で、初めの頃は何度も手を噛まれてしまうぐらいのハードなタイプさんでした。そんな娘と親の戦いの中で有効的だったものをいくつか紹介したいと思います。

①電動歯ブラシ                                                                                上記に書いた様に歯ブラシは固定する方が痛くなく歯も傷つきません。そのため、歯にあてるだけでいい、電動歯ブラシはとても有効てきでした。

②歯磨き動画をみながら、磨く                                                                       ユーチューブ状に2分ぐらいの歯磨き動画が色々あるのでスマホでそれを見ながら、仕上げ磨きをする。

↓オススメです。

③歯磨き専用の鏡を購入                                                              これは3歳ぐらいになってからなのですが、娘の歯磨き専用の小さめの可愛い鏡を買うと少し楽しみに磨いてくれる様になりました(*^-^*)

歯磨き粉は何歳から?どんなものを使っている?

歯磨き粉の使用のタイミングはお子さんがブクブクうがいが出来る様になってから!そう考えると、個人差はあると思いますが、2歳過ぎには使っていいって事ですよね。

DSC_0048

最初に使い始めたのが、このアンパンマンシリーズでした。イチゴ・ぶどう・メロン味があります。我が家は100円ショップで売っているサイズが小さい物を購入していました。娘1人しか使わないので普通サイズだと使い切れず、捨ててしまったり、味に飽きてしまうみたいだったので。

DSC_0047

最近はこのクリアクリーンシリーズを愛用しています。歯磨き粉のクリームの色が味の色になっていて、写真のイチゴ味なら、ピンク色です。粉っぽさが少ないのか使いやすいです。

色々な歯ブラシグッズがありますから、お子さんに合ったものを選んで楽しく歯ブラシ習慣を身に着けていってほしいですね(*^-^*)

最期まで見ていただき、ありがとうございました。

PAGE TOP