ひらがなを覚え始めた4歳の娘が読む絵本。 ~絵本ノートのススメ!!~

ひらがなを覚え始めた4歳の娘が読む絵本。 ~絵本ノートのススメ!!~

こんにちは、ぴっちゃんママです。雨が続いてなかなか幼稚園のプールに入れないぴっちゃん。プールに入れない間に買ったばっかりの水着がピチピチになってしまわないかと心配な母です。梅雨明けが待ち遠しいです。

最近ひらがなを覚えた娘が読んでいる絵本を紹介しようと思います。基本的には年齢よりも幼い絵本なんですが、とにかく最初から最後まで自分で読める事がすごい達成感の様で空前のひらがなブームです。3歳になった時にひらがなを一緒に練習しようとした時は全然覚えられなかったのに・・・・。

興味を持った時が、覚え時なんですね。年齢だからと親発信でスタートするのではなく、やりたいと思う気持ちをしっかりと受け止める!見逃さない!が大切なんだなと感じました。                            

①おとがいっぱい

DSC_0218

作 たちもと みちこ    発行元 ブロンズ新社

子どもたちの日常を音で表現している絵本です。例えばお母さんがご飯を作る音は「ジュージュー」「くるくる」「もくもく」など答えはなく、読んだ子それぞれが「どんな音だと思う?」とやり取りを楽しみながら、想像を膨らませる事が出来ます。また、絵もいろんな動物たちが登場します。色の使い方もハッキリとしたものが多く集団の中でも見やすいと思います。シンプルな内容だからこそ0歳から幅広い年齢に楽しんでもらえるのではないかと思います。

平仮名を覚え始めた娘には、覚えにくい「゛」や「゜」のつく言葉がたくさん出てくるので自然と「ひに〃はびだよねー」と覚えるきっかけになり、平仮名を覚え始めの子と親子で読むにはおススメです☆

②わにわにのおふろ

DSC_0219

文 小風 さち  絵 山口 マオ   発行元 福音館書店

大人気のわにわにシリーズです!!その中でも「わにわにのおふろ」が大好き。おふろで泡遊びをしたり、おもちゃで遊んだり、歌ってみたり♪絶対やったことがある!お風呂の楽しみが詰まっている内容です。お風呂好きの娘は「私のすきな玩具は~」と必ず自分に置き換えています。お風呂好き仲間のようです( *´艸`)

大人が読めば5分程度の内容ですが15分以上かけて自分で読んでいます。文字数が少なく、わにわのは~と繰り 返しがあるので読みやすいみたいです。23ページの短い作品なので最後まで一人で読み切った!!という達成感が自信に繋がっているみたいです。

③ふうせんくまくん 

DSC_0221作

作・絵 あきやま ただし   発行元 金の星杜

大人気「はながっぱ」を書いている作家・あきやま ただしさんの作品です。とにかく明るい色合いとポップな絵が特徴で、ふうせんくまくんは感情に合わせて身体が風船みたいに膨れてしまうお話♪

ぷ~と膨れてぱーん!!と割れるを繰り返す、てんどんパターンです(笑)何度みても同じ所で笑ってしまう、それにつられて、周りも笑ってしまう♪本当に明るく楽しい気持ちになれるお話しです。寝る前に読むとちょっとだけハイテンションになってしまうかも・・・!?笑

2歳の時から4歳になった今でも読み続けている、幅広い年齢で楽しめる作品だと思います。

番外

はみがきしないとどうなるの?

DSC_0213

番外編になってしまいますが、最近歯磨きを嫌がらずにやってくれるようになったキッカケの絵本を紹介させて下さい(*^-^*)

文 ごとう まさる 絵 ヲバラ トモコ   発行元 あいうえお館

大人はあたりまえの様に「歯を磨きなさい」というけれど、「どうして磨かないといけないの?」そんな疑問が出てきます。そこから、どうして歯を磨くのかに気づき、納得し笑顔で歯を磨くようになる!みたいな内容です。歯磨き指導系には失礼ですがよくある内容ですが、歯磨きが苦手な娘はこの絵本をかなり気にいっています。それは。ウサギでも猫でもなく怪獣が「歯が痛ーい」と泣いているのがかなりのインパクトなんだと思います。あんな大きな怪獣さんも泣いちゃうくらい「虫歯は怖い・痛い!!」という印象になるみたいで、「歯を磨こう」というと「怪獣さんみたいに泣いちゃうもんね」と慌ててみがいます。笑 大人が口をすっぱくして言うよりも、視覚で訴える方が効果が高い事もあるな~と実感しました。

パパ、お月さまとって!

DSC_0220

作 エリック=カール  訳 もりひさし

はらぺこあおむしの作者エリック=カールの作品です。月っていつも見上げると見える不思議な存在。少しづつ大きさも変わっているし、見え方も違います。そんな月の満ちかげをユーモアいっぱいに描いた作品です。しかも仕掛け絵本になっていて、月の大きさがとても伝わってきます♪もうすぐ七夕☆ぜひ読んでもらいたいです。きっと親子で夜空を見て月を見てみたくなると思います。

私は絵本が大好きで、保育士の時からコツコツと買い集めていました。今は娘が読みボロボロになってしまっている絵本も多いですが、娘も絵本が大好きになってくれているのが嬉しくもあります♪親子のスキンシップにもなるし、こどもたちの興味を広げいるきっかけにもなりますよね。同じ作品を読んでもイメージする世界は様々、本当に想像力をは育みむなと思います。これからもたくさんの作品に出合っていってもらいたいなと思います。

そして娘の通っている幼稚園では絵本ノートという取り組みをしています♪週末に絵本を借りてきて、その絵本を読んだ感想を書くのではなく、思い出を書く!自由に書いてOKって感じがして、こないだは、「週末読むの忘れてゴメーン!!朝バタバタ読んだけどイイ話だったね♪もう一度借りてきてほしいなー」みたいな(笑)

卒園までまとめてくれるみたいで、すごい良い思い出になるなと今から楽しみにしています(*^-^*)

今日は絵本ノートはこんな感じだよって、参考までにのせておきます♪絵本の貸し出しなどを考えている園はもしよければ参考にしてみて下さい。

最期まで見て頂きありがとうございました。

https://i-kawa.com/wp-admin/post.php?post=232&action=edit

PAGE TOP