水遊び事前チェックリスト

水遊び事前チェックリスト

そろそろ、どこの保育園や幼稚園でもプール開きでしょうか!!?

安心・安全にプールを行うために!!

子どもたちが大好きな水遊び・プールですが、見守る立場になると緊張感の連続ですよね。安心・安全に夏のプールを楽しむために事前の準備が、とても大切になります。

水遊び事前チェックリスト

環境・プール整備、遊具の安全の確保

プールや水遊び用玩具の点検と補充

プール開きを行う前には必ず、一週間前にはビニールプールや水遊び用の玩具を出し、一度洗い日干しをするのがいいでしょう。

玩具はカビてしまっていないか、破損していないかをもう一度確認し、その年度の子どもの人数や月齢の幅などもみながら、新しい水遊び用の玩具を作ったり、購入しましょう。玩具が少なかったり、クラスのカラーに合っていない物だと、取り合いになったり、走り回る原因にもなり、怪我に繋がってしまいます。

2園外の目から子どもたちを守る

残念な事ですが、小さな子どもたちを性の対象として見る大人が増えています。プールや水遊びなど露出が増える格好で遊ぶ機会が多くなりますから、遊ぶ所が園外から見えないように配慮し守ることはとても大切な事です。遮光カーテンやよしずなどで目隠しをしている園もよく見かけます。

3転倒防止のために

プールや水遊びの中でよく怒る事故・怪我の中に転倒による、頭部打撲があります。頭部の怪我は症状がすぐにでなかったり、把握がしにくいため大変危険です。必ず滑り止めマットなどを敷く必要があります。自分が勤めていた園では古くなったゴザを使用したりしていました。

保護者との事前の情報共有

家庭との密な連携

プールを楽しむためには、子どもたちの健康把握や準備が欠かせないものになります。幼稚園・保育園共に共働き家庭が増えています。準備してほしい事や家庭でも取り組んでもらいたいことなどは、早めにお便りや掲示板などで分かりやすく伝えておきましょう。

また、早く伝えすぎると忘れてしまうご家庭も。。。。色んなご家庭の事情やタイプがありますから、家庭の状況が把握できている場合には、個別にお迎えの時などに口頭で声をかけてあげたり、月の初めに出すお便りとは別に、「特別号」などを出すのも効果的ですね(*^-^*)

子ども達とのルール確認

月齢にあった伝え方の工夫

安全にプールに入るためにはルールがありますよね。例えば、プールの前には体操しましょう・おしりを洗ってからプールに入りましょう・走るのは危ないからやめましょうなど・・・いろいろ。各園のプール環境によってもルールが異なってくると思います。お約束を事前に伝える事はとても大切です。乳児だったらイラストを使ったり、幼児ならばクイズ形式でなど楽しみながら伝える事が理解への近道だと思います。

そして何より大切は、決められたルールはきちんと保育士間で共有し、どの保育士が伝えてもブレがない事!!そして、子どもたちには繰り返し伝えていく事です。

子どもの健康状態の把握の仕方

1プールカードで分かりやすく

事前にプールカードを配布し、健康状態を分かりやすく的確に把握してけるようにしていく。また、カードだけではなくその都度、体調の変化を感じたら体温を測るなどいつも以上に配慮が必要になります。

2熱中症対策を考える。

時間で区切り、必ず水分を飲ませる。プールに入る前に水分をとるなどきちんと全員が水分をとるタイミングを作り、漏れがないようにきちんとマニュアル化していく。

保育者の人数管理体制は十分か

シュミレーションの大切さ

プールを行うためには、子どもの人数に対してどのくらいの保育士が必要かのシュミレーションが必要です。単純に年齢・人数で補助につく人数は決められません。個々に1対1が必要な子もいます。またプールに入らない子もいます。クラス単位ではなく、全体でどこのどの時間補助が必要かを話し合いながら共有と連携が欠かせないのです。そして必ずプールや水遊びでは、2人以上で見る事が水の怪我・事故を防ぐ事になります。

プール行う基準・マニュアルの徹底

いつ・誰が・どのタイミング・何を持って判断する?

プールに入るには朝早い段階で、準備設定をしなくてはいけません。しかし職員がシフト制で動いている、保育園や幼稚園では毎回いる職員が違います。

例えば、朝8時出勤の職員が気温25度以上あり、雨でなければ準備を始める。その後8時半出勤の職員はクラスの様子をみて、問題なければ手伝いに入るなど基準を決める事で、新卒・ベテラン関係なく設置準備が出来ます。

また、水温や水質を何分おきに確認するかなども決めておくことで、忘れ・漏れがなくなります。水の事故はちょっとした、油断でおきてしまいます。ヒューマンエラーがお起きない様に、連絡・確認・共有・協力を密に行っていきましょう

最後になりましたが・・・プールカード作ってみました。

PAGE TOP