幼稚園・保育園見学で見るポイントとは?!

幼稚園・保育園見学で見るポイントとは?!

大変お久しぶりです。ぴっちゃんママです。

実は急な決定・予定で引っ越しをすることになりバタバタと1ヶ月が経ってしまいました。

部屋の片づけも終わり、落ち着いたのでブログもコツコツ書いていけたらなと思います。

ぴっちゃんが産まれて4年で4回の引っ越しをしている、転勤族なんです。笑

そろそろ落ち着きたい。。。単身赴任?いろいろ迷いますが、ぴっちゃんはパパが大好き

で離れたくないと言うので、毎回今回が最後、最後!と思いながついて行っています。

引越しの段ボールは引っ越しの4日前に届き、怒涛に詰めていく!!前日から部屋の掃除。

引越しスキルは上がる一方です。笑

今日のテーマは幼稚園・保育園の見学する時の見たいポイント!!

引越しが多い事もあり3県で10園の幼稚園と、保育園は3園の見学経験があります。

保育士の時に見学を案内する側の考えも交えながら伝えていければと思います。

見学の予約の仕方

公立保育園・幼稚園・認可保育園・こども園などは入園許可を役所が行いますが

見学は各園に直接連絡をして、見学の予約をします。

幼稚園に関しては役所ではなく、幼稚園に直接の入園の決定権がありますので

直接入園状況などを確認して下さい。

ここで電話をかけるタイミングですが、私はいつも10時にかける様にしています。

理由ですが・・・

10時前だと園児の受け入れがあり、とてもバタバタしているからです。

幼稚園は園バス登園と直接登園の子たちの対応で、とても忙しい。

・保育園は遅番の先生も10時に揃い、人手が落ち着く。

コロナ禍での見学だと、すぐには見学が出来ず一週間、子と付き添い者の体温をチェックし

その後問題なければ、見学という幼稚園もありました。途中入園などで急ぎの日程の方は早め早めに

計画を立てる事をお勧めします(*^-^*)

そしてこれは完全な私見なんですが、電話対応が悪かった園は見学に行ってもイメージが

覆される事はあまりありませんでした。笑

見学の際の持ち物

・室内履き(大人用・子ども用)

・ボールペン

・メモ帳(保育園のみ)

 *幼稚園やこども園はだいたいパンフレットをいただけるため。

聞きたいことは事前にメモしていくと漏れがありません。

見学の時間がイメージより短く、バタバタして聞き忘れることが結構あります。

見学時間を決める時に、午睡期間や給食中などを指定してくる園は、人で不足などでバタバタ

としている時間を見せたくないという意図が見え隠れする事がありますので、要注意です。

見学時に見るポイント・必ず聞く質問!!

施設見学で必ず確認したほうがいい事。

・防犯(こどもがカギを開けれないか・関係者以外が勝手に入る事が出来ないか)

・おもちゃの状態と種類(おもちゃの古さや種類、手作り玩具)

・トイレの綺麗さ。(衛生面が気になります。)

・環境設定の安全性

 乳児クラスでは、おもちゃ棚にぶつけた時のカバーがついているかなどヒヤリハットに

 対応しているかはとても大切だと思います。

聞いておきたい質問!!

・コロナ禍での対応について(換気・食事の仕方・前年度コロナ禍での行事実施内容など)

・アレルギー対応について

・子どもの人数に対して担任の数

・年間行事

・薬の投薬対応について。(幼稚園・保育園で飲ませてもらえるかなど)

・預かり保育時間とかかる費用について。

・PTA活動について(園によってかなり違いがあり負担も大きいので重要です!!)

自分も見学案内をしていましたが、どんな質問でも不快に感じる事はありませんでした♪

保育士側も、どのくらいの保育時間を希望するのか、アレルギーは?保護者はどんな方か

お子さんはどんな雰囲気かなど知りたいと思っています。質問をしてくれるご家庭の方が

質問がしやすいので、嬉しかったりもします。(*^-^*)

あとは見学する時に必ず感じる事ですが、職員の人柄はその園やクラス、こどもたちの

カラー雰囲気として出ているということです。園に入った第一声、我が子の名前を呼んで

くれるか、最後まで「お子さん」と呼ばれるかでイメージは全然違います。

対応してくださる職員は笑顔でも周りの職員は会った時に挨拶してくれるか、すれ違った時に

会釈しかしない職員が多い園、やはり冷たい印象になります。どんなに施設が綺麗でも

こどもたちに関わってくださる、大人が何より大切ですよね。

入園すると一日の多くの時間を過ごす場所になります。安心できる暖かい場所であってほいしです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

PAGE TOP